最近の記事

2019年03月31日

張本勲氏、J1神戸のポドルスキらの活躍に「外国人が頑張っても私、あんまり興味ない」

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/03/31(日) 10:11:36.92 ID:EPcjao+e9.net
野球評論家の張本勲氏が31日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。
明治安田生命J1リーグ第5節、G大阪と対戦した神戸がポドルスキの3ゴールに絡む活躍などで
4―3で破った試合に「個人プレーはどうでもいいから、チームの勝ち負けでやってくださいよ」とコメントした。

番組では、この試合のVTRを紹介し、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャの活躍を紹介したが、張本氏は「外国人が頑張っても私、あんまり興味ないから」とコメントしなかった。
これに対し、司会の関口宏が「神戸はすごいね。あの3人が」と3人を絶賛すると、張本氏は「それだけ給料もらっているからね。興味ないから、どっちが勝ちました? 見せてくださいよ」
と順位表を見せるように促し、神戸の3人への話題を打ち切っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000069-sph-socc
3/31(日) 9:14配信



続きを読む
posted by tv at 23:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ポツンと一軒家」視聴率は16・1% 3度目の「イッテQ!」超え

1 :渋柿の木 ★:2019/03/25(月) 16:12:39.17 ID:q91TkMJl9.net
24日放送のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜・後7時58分)の平均視聴率が
関東地区で16・1%を記録したことが25日分かった。

番組最高の17・0%を記録した3月10日放送回より0・9ポイントダウンしたものの、16%台の高水準をキープ。
同時間帯の裏番組で高視聴率を連発している日テレ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)の16・0%に0・1ポイントの僅差で勝利した。
同番組の「イッテQ!」超えは2月24日、今月10日に続く3度目となった。
また、関西地区でも16・4%の好視聴率をマークした。

タレントの所ジョージ(64)が司会、予備校講師でタレントの林修(53)がパネリストを務め、
日本各地の人里はなれた場所にポツンと存在する一軒家を紹介する番組。
「世界の果てまでイッテQ!」など人気番組がそろう日曜夜の激戦区に昨年10月から参戦した。
(数字はビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20190325-OHT1T50069.html
依頼スレより



続きを読む
posted by tv at 17:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加熱する🚬喫煙クレーム 関係者激白「自動販売機の映り込みもカットしろと苦情が来る」

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2019/03/25(月) 11:49:26.84 ID:q0WKrlcD9.net
2019.03.25
https://tocana.jp/2019/03/post_89490_entry.html



 毎年様々な形で話題になるNHKの大河ドラマだが、今年の「いだてん」は近代史のドラマということもあってか低調な視聴率が話題になることが多い。しかし、「いだてん」に関してもうひとつ話題になっていることがあり、同情的な声も業界内に多いという。

「近年のドラマの中では低調な数字なので批判の声があるのは仕方ありません。しかし、喫煙シーンへのクレームは可哀想という声が圧倒的です。現代を描いた作品では喫煙シーンはほとんどご法度となっていますが、『いだてん』は昭和を描いています。
敢えて描くなということなんでしょうが、昭和の時代に当たり前だった光景を再現しているだけです。いくら禁煙が主流といっても実際にあったものまで消すのが果たして正しいのでしょうか」(テレビ局プロデューサー)

 たしかに昭和の時代はもちろん平成になってからもしばらくは、あらゆる場所が喫煙可能であった。それを決してしまうのは、少々検閲が厳しすぎる気がする。

「現在のテレビや映画では喫煙シーンを入れると各種団体から苦情がくるので、できるだけ避けています。また、再放送にも苦情が来るので、今は再放送できないドラマや映画が多いんですが、そのような配慮をしていても重箱の隅を突いた苦情があります。
たとえば街中のシーンでタバコの自動販売機が映りこんだり、コンビニのレジを映し出したときに背後にタバコが陳列してあると、そういうシーンはカットしろとクレームが来るんです。
バラエティのロケでは、こうした映り込みは仕方がなく勘弁してほしいんですが、できる限りの配慮はしてきました。それなのに今回は大河にクレームが入って尚且つ謝罪要求ですから、嫌煙ブームもどこまで行くのか不安です」(同)

 嫌煙家という存在がいるのは事実だが、自動販売機の映り込みにまで苦情がくるとは相当だ。

▽ 関連
【テレビ番組】業界の奇妙な逆転現象 追放の「たばこ」と大人気の「酒」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553336968/



続きを読む
posted by tv at 14:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする