最近の記事

2020年11月30日

小栗旬、『日本沈没』で11年ぶりTBS系日曜劇場主演 松山ケンイチ、香川照之らと共演 [湛然

1 :湛然 ★:2020/11/26(木) 05:39:50.63 ID:CAP_USER9.net
小栗旬、『日本沈没』で11年ぶり日曜劇場主演 松山ケンイチ、香川照之らと共演
2020/11/26 05:00マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20201126-1529718/
左から香川照之、松山ケンイチ、小栗旬、杏、仲村トオル




俳優の小栗旬が、2021年10月スタートのTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜21:00)で主演を務めることが25日、明らかになった。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作『日本沈没』。翌年にはTBSでテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経て、大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作は、主人公を含めオリジナルキャラクターで、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

主人公・天海啓示(あまみ・けいし)を演じるのは小栗旬。2021年公開のハリウッド映画『GODZILLA VS.KONG』(原題)に出演、2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では主演が決定している小栗が、2010年主演の日曜劇場『獣医ドリトル』以来、11年ぶりに日曜劇場に戻ってくる。

小栗が今作で演じる天海は、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭達を招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

そして天海と同じく“日本未来推進会議”に経産省代表として参加している常盤紘一(ときわ・こういち)を演じるのは松山ケンイチ。松山と小栗の共演は『リターンマッチ 〜敗者復活戦〜』(東海テレビ・2004年)以来17年ぶりとなる。

週刊誌の女性記者・椎名実梨(しいな・みのり)役には、杏が決定。また、天海や常盤が参加している“日本未来推進会議”を発足した張本人であり、誠実さが売りで国民からの支持率が高い総理大臣・東山栄一(ひがしやま・えいいち)役は仲村トオル。そして、原作でも重要な鍵を握る屈指の人気キャラクター、田所雄介(たどころ・ゆうすけ)は香川照之が演じる。

キャスト、脚本家・橋本裕志氏、プロデューサー・東仲恵吾氏のコメントは以下の通り。

■小栗旬
「日本沈没」という未だかつてない困難に立ち向かっていく作品です。ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含め、キャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯に作品に向かっていきます。今を生きる皆さんへの賛歌になれるような作品にしていきたいと思っておりますので、ぜひご期待ください。

■松山ケンイチ
まだ全ての台本が手元に無いのでどんな話になるのか分かりませんが、想定外の国の危機に日本人はどう立ち振る舞っていくのか、どう助け合っていくのか、どんな答えが出るのか、楽しみです。客観的に国のこととそこに生きている自分自身を見つめ直すきっかけになる作品になると思います。

■杏
今回初めてTBS連続ドラマにレギュラー出演させていただくことになりました。 日本沈没というどうしようもない自然の脅威にどう立ち向かうかというキャラクターたちの姿は、今の混乱の世の中で戦っている皆様と近い気持ちで共鳴し合えるのかなと思っています。そして、演じる私たちもそのような不安や脅威を抱えつつ乗り切ることになります。これを映像として残せることは意味があるような気がしています。万全の体制で挑みつつ、全力でぶつかっていきたいと思います。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



続きを読む
posted by tv at 20:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明石家さんま“田舎の人”に凄まじい偏見「アウト」「馬鹿にしている」 [フォーエバー

1 :フォーエバー ★:2020/11/25(水) 17:42:01.24 ID:CAP_USER9.net
アイドルユニット『りんご娘』の王林が、11月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で明石家さんまと共演。視聴者は、さんまが青森出身の王林に対して、偏見ともとれる言葉を口にしたと批判している。

この日は「最強おバカVSインテリ芸人」とのテーマで、陣内智則や滝沢カレン、『ラランド』のサーヤらを招いてトークを展開。津軽弁のユニークなトークで人気の王林は、この日もスタジオをにぎわせた。

さんまは放送中、「A、B、C、Dがちゃんと言えない人が多い」と嘆いた。陣内は「干支とかもリズムなのに、途中で『午(うま)、未(ひつじ)』とか言うでしょ? あれが嫌なのよね」と、干支を口にする際にも間違いを犯す人が多いとうなずく。ここでさんまは「王林ちゃん、十二支言えないやろ」と話を振った。

田舎出身者は干支が言えない?

「言えます」と即答した王林に、さんまは「うそやん!」と叫ぶ。「そういうの、田舎の人が言えんのか?」と聞いたところ、王林は「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、未(み)、辰(たつ)、み…」 と口にし始めたが、「み」が重複して言い直すことに。最後は12の干支を言い終えたようにも聞こえたが、さんまは「11(個の干支)しかないし、『み』を2つ続けてるし…」と文句をつけた。

王林が「じゃあ、できないんだと思います!」と開き直ると、周囲は大笑い。『メイプル超合金』カズレーザーは「諦めんなよ!」とツッコミを入れながらも励ました。

視聴者は?田舎出身者は十二支が言えない?とのさんまの発言を批判。同時に王林が干支を口にしたにもかかわらず、茶々を入れ続けたことにも呆れていた。

《田舎だから十二支言えるってどんな偏見?笑》
《出た!「田舎の人やから言えんのか」気をつけてはいるんだろうけどしょせん、アウト発言》
《「干支いえるか? 田舎だから言えるか」って田舎バカにしてる笑》
《王林ちゃんが干支言えますって言うた時に、嘘や、そんなん田舎の人が言えんのか?って、田舎の人を馬鹿にしてんのんか?》
《王林ちゃんちゃんと干支言えてたよー。聞こえてなかっただけじゃん》
《最初間違えたけど 言い直したとき言えたよね?ちゃんと聞いてあげようよ》
《王林ちゃん干支言えてたけど、周り聞いてなかっただけじゃん》

地方在住者にとっては聞き捨てならない言葉だったようだ。

2020.11.25 11:03
https://myjitsu.jp/archives/160291



続きを読む
posted by tv at 17:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森七菜、浜辺美波、上白石萌音ほか「急速に若返りが進む」恋愛ドラマのヒロイン [ネギうどん

1 :ネギうどん ★:2020/11/25(水) 11:24:50.82 ID:CAP_USER9.net
 恋愛ドラマで盛り上がる秋ドラマ。少し前までは30代のヒロインも多かったが、ここへきて恋愛ドラマのヒロインの“若返り”が急速に進んでいるという。それは一体なぜなのか。コラムニスト・テレビ解説者の木村隆志さんが分析&解説する。

30代のヒロインが当たり前だったが……

 今年の秋ドラマは、「ラブストーリー全盛期」と言われる1990年代を彷彿させるほど、ひさびさに恋愛ドラマがそろった。

 なかでも特筆すべきは『この恋あたためますか』(TBS系)でヒロインを務める森七菜。まだ19歳の若さであり、連ドラ初主演の大抜てきにファンから喜びの声があがった一方、「さすがに早いのでは」「若すぎるかも」などと不安視する向きも少なくなかった。

 その他の作品では、『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系)に27歳の有村架純、『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』に29歳の波瑠を起用。石原さとみ、新垣結衣、戸田恵梨香ら30代のヒロインが中心だったころよりも、少し若返っていることがわかるだろう。

 また、1クール前に放送された『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)の浜辺美波は当時19歳で、プライム帯の連ドラ初主演を果たしていた。さらに、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の松岡茉優は25歳で、プライム帯の民放連ドラ初主演。1〜3月に放送された『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の上白石萌音は当時21歳で、プライム帯の連ドラ初主演だった。ラブストーリーのヒロインがこの一年で急激に若返っていることがわかるのではないか。

 現在、最もラブストーリーを放送しているTBS・22時台の火曜ドラマを比較すると、さらにわかりやすい。

 2019年は『初めて恋をした日に読む話』の深田恭子(当時36歳)、『わたし、定時で帰ります』の吉高由里子(当時30歳)。『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』の石原さとみ(当時32歳)、『G線上のあなたと私』の波瑠(当時28歳)だったが、2020年は『恋はつづくよどこまでも』の上白石萌音(当時21歳)、『私の家政夫ナギサさん』の多部未華子(当時31歳)、『おカネの切れ目が恋のはじまり』の松岡茉優(当時25歳)、『この恋あたためますか』の森七菜(19歳)。1年で4作平均31.5歳から24歳と、7.5 歳も若返っていたのだ。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0211a4a0c2186484a7bbbe9f9b4e6c47b90489a?page=2



続きを読む
posted by tv at 11:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする