最近の記事

2022年06月30日

日曜劇場『オールドルーキー』サッカー日本代表チームメイト役で大久保嘉人、加地亮、坪井慶介、那須大亮、秋元陽太が出演!

1 :ゴアマガラ ★ :2022/06/20(月) 19:08:14.42 ID:CAP_USER9.net
6月26日(日)からスタートする日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系 毎週日曜 午後9時〜9時54分)に、大久保嘉人、加地亮、坪井慶介、那須大亮、秋元陽太が出演することが分かった。

本作で主人公の新町亮太郎を演じるのは、綾野剛。脚本を担当するのは、『HERO』シリーズや『海猿』シリーズ、NHK連続テレビ小説『まんぷく』など、数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた福田靖。TBSドラマは、2002年放送の『真夜中の雨』ぶりとなる。

主人公の新町は、サッカーに人生を懸けてきた底抜けに明るいプロサッカー選手。しかし、けがの影響で低迷し、J3のチームに所属後、37歳で突如現役引退に追い込まれてしまう。37歳にして新人。
社会人デビューとしてはあまりに遅すぎる新町が、どん底の中で出会ったのは“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”だった。

スポーツマネージメントとは、現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方。それでも、サッカーを心底愛し、
スポーツを誰よりもリスペクトしているからこそ、新町はそこで働く決意をする。何よりもサッカー選手だった自分を誇りに思ってくれていた娘たちのために。

このたび、新町が日本代表選手時代に共に戦ったチームメイト役として、日本サッカー界のレジェンド5名がゲスト出演することが決定した。日本代表としてFIFAワールドカップに2大会連続(2010年南アフリカ大会、
2014年ブラジル大会)で出場したほか、史上初のJ1リーグ3年連続得点王や、最多得点記録という数々の快挙を成し遂げた大久保嘉人をはじめ、元日本代表で右サイドバックを務め好プレーを連発してきた加地亮、
Jリーグデビューを飾った同年に日本代表に選出され、2006年FIFAワールドカップドイツ大会に出場した坪井慶介、2004年のアテネオリンピックでは日本代表のキャプテンとしてチームを牽引し、
J1リーグで400試合出場を達成した那須大亮、多くの試合でゴールキーパーとしてゴールを守り、チームを支えた秋元陽太という超豪華なメンバーがドラマのスタートに花を添える。

全文はソースで
https://www.tvlife.jp/drama/481248
https://www.tvlife.jp/wps/wp-content/uploads/2022/06/481248_01.jpg.webp



続きを読む
posted by tv at 23:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本まりか、「どうする家康」くのいち・女大鼠役で23年ぶり大河出演「体が柔らかいのを初めて生かせる!」

1 :muffin ★:2022/06/30(木) 17:03:55.88 ID:CAP_USER9.net
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/06/30/0015429629.shtml
2022年6月30日

 NHKは30日、嵐・松本潤主演の2023年の大河ドラマ「どうする家康」に、女優の松本まりかが出演すると公式ツイッターで発表した。松本の大河出演は2000年の「葵 徳川三代」で千姫の少女時代を演じて以来で、23年ぶりの大河出演となる。

 松本は、服部半蔵に仕える忍者集団の長・大鼠(千葉哲也)の娘・女大鼠を演じる。「くのいち七変化」として、「大鼠の娘で、父を継いで忍者集団を束ねる。体が柔らかいことを生かし、どんな場所にも忍び込み、町娘から遊女、武士までどんな人物も演じきる変装の達人。服部半蔵の良きパートナーでもある」と紹介している。

 松本は「なんて面白い役をいただけたのでしょう!大河の世界にスパイスとなるような忍者パートを、スタッフキャストの皆さんと作っていけたらと思います。あっ、体が柔らかいのを初めて生かせるかもしれません!」と喜んだ。

 松本は、女大鼠が仕える半蔵役との山田孝之との共演について「忍者バディとなる山田孝之さんとはこの大河までの軌跡が重なりました」と明かした。2人は2000年のNHKドラマ「六番目の小夜子」で共演し、さらに同時期に撮影していたのが「葵 徳川三代」で、竹千代役(後の徳川家光)で山田が出演しており、ともに初の大河出演だった。「今回もまた家康が主人公の大河ドラマで、同じく23年ぶり二度目の大河ドラマでバディを組む…奇縁を感じます」と喜んでいた。

 また、初共演となる松本については「当時の大河や六番目の小夜子の撮影中に流行っていたのが『A・RA・SHI』で、山田孝之さんとも口ずさんでいた同世代のスターです」とし、「そんな松本さんが殿になる。私も殿を助ける事のできる立派なくのいちに現場でもなれたらなと思っています」と意欲を語っていた。






続きを読む
posted by tv at 20:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『イッテQ!』ダンス講師がロッチ中岡無視? スクール 代表がSNSで謝罪「中岡さんに対するケアが足りてなかった」

1 :muffin ★:2022/06/20(月) 13:08:47.93 ID:CAP_USER9.net
https://npn.co.jp/article/detail/200022194
2022年06月20日

ロッチ・中岡創一が19日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。人気企画「ロッチ中岡Qtube」にて訪れたダンススタジオの対応が波紋を呼んだ。

今回、韓国で大人気のダンス動画に挑戦。しかし、中岡は3月の番組ロケで足を怪我しているため、上半身だけマスターして、本人映像と合わせることに。

K-POPアイドルをめざす10代の男の子たちと特訓するも、なかなかうまくできず、ダンススタジオの講師たちも苛立ち始めてしまう。その後、2人の講師が指導方針で揉めたり、中岡をスルーして生徒たちに厳しく指導したりという展開に。中岡も「学生たちのドキュメントになっている。そういうことじゃないからQtubeって。情熱はこっちに注いでくれないと」とこぼしたように、中岡を無視したドキュメンタリー状態となってしまった。番組的にはOKテイクがあったのだが、先生や生徒が完璧を求めるあまり、20回以上撮影し、ようやく終了した。

「番組の編集で面白くは仕上げていましたが、視聴者的には、スタジオ側が番組趣旨を理解しているのか、そもそもスタッフが趣旨を伝えているのか、ボツにした方が良かったんじゃないか、といった声が上がっているようです」(芸能ライター)

Twitterでは「このダンススタジオ面倒すぎるな協力してもらってるとはいえあくまで中岡がメインなのに」「先生のプロ意識が高いせいで笑いが無くなった」「先生のこだわりも、生徒のプライドも理解できるけど、主役とか趣旨とかそういうのは理解して欲しかった。事前に説明はしてるはずだよね?」「ダンススクール、先生たち趣旨わかってなくてきついな この子たちも…空気読めんのか」と厳しい意見が飛んだ。

これを受けてか、当日不在だったというダンススタジオの代表が謝罪文を出す事態に。中岡のケガへのケアが足りずたくさん踊らせてしまったこと、撮影を長引かせてスタッフにも負担をかけてしまったこと、中岡をないがしろにしてしまったことなど、SNSを通じて謝罪した。

今回の件で、ダンス講師に直接クレームを入れる視聴者もいるという。生徒や講師は一生懸命やった上で方向性がズレてしまった。趣旨の共有ができていなかったり、完璧なものを届けたいという気持ちから……など、裏にはいろいろなことがあっただろう。自身のSNSにとどめるならまだしも、クレームを入れるのは“やりすぎ”ではないだろうか。






続きを読む
posted by tv at 17:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする