最近の記事

2022年08月31日

関口宏、狩野舞子氏に交際の噂があった大谷翔平の印象聞きSNSがザワザワ 「こっちが緊張」

1 :冬月記者 ★:2022/08/29(月) 22:56:57.74 ID:CAP_USER9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d83edb65c7472b313e8c406863a88e49a4182d7

関口宏 狩野舞子氏に大谷翔平の印象聞きSNSがザワザワ


 元バレーボール日本代表の狩野舞子氏が28日「サンデーモーニング」(TBS)に出演し、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手について言及しネット上をざわつかせた。

 メジャーのコーナーで、昨日のブルージェイズ戦に大谷が打者として出場し5打数1安打2打点の活躍でチームの連敗ストップに貢献したことを報じた。

 VTR終わりに司会の関口宏から「狩野さんから伺いましょうか。どんな印象を持ちました?」と問われた狩野氏は「やっぱり両方のポジションで結果を残しているので、すごいことをしているんですけど…」と話し始めると関口が「エッ、誰のこと? 大谷さんのことですか?」と確認され苦笑いを浮かべる場面も。

 気を取り直して狩野氏は「そうですね。ものすごいことをしているのに、すごいことをしてないふうに普通にプレーされるじゃないですか。そこがやっぱりすごいところだなと思っています」と話した。関口も「涼しい顔しているんですよね、いつも。そうなんですよ」と同調していた。

 狩野氏は大谷と交際の噂があっただけにSNS上には「大谷さんについて勝手に話し出す笑。関口さんよ、付き合ってるの?と聞きなはれ、あんたなら許される」「狩野舞子さんに大谷翔平くんの解説をさせて、なんかこっちが緊張しましたw」「関口宏が知ってると思えないけど…思わせぶりでした」といったコメントが寄せられていた。



続きを読む
posted by tv at 17:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽鳥慎一「ネットで買い物したことない 月2万円で生活できる」妻の高級家具購入に困惑

1 :フォーエバー ★:2022/08/30(火) 20:38:44.10 ID:CAP_USER9.net
8/30(火) 20:23配信

デイリースポーツ

 元日本テレビで現在はフリーアナウンサーの羽鳥慎一が30日、日本テレビ系「踊る!さんま御殿」に出演。「ネットで買い物をしたことない」と告白した。

 この日は、「貯める派VS使う派 金銭感覚どうかしてる芸能人SP」がテーマ。月の小遣い2万1000円で超節約生活を描いた漫画が話題となっている漫画家の吉本浩二氏のあとに紹介された羽鳥は「貯める派」として登場した。

 明石家さんまから「羽鳥くんは月になんぼほど使うの?」と聞かれると、「家族でご飯を食べにいくときをのぞいたら、2万1000円でできますよ」とサラリ。ほかの出演者を驚かせた。

 さらに、「家庭内でもめるんですけど、奥さんが棚とか家具を買うときに、デザイン性の高い、値段が高い家具を買いたがる。自分はシンプルなものがいい」と金のかからない生活指向をしていることを明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/39707edd5df241165782ff81979fa2b16dfb7047



続きを読む
posted by tv at 14:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松雪泰子、『祈りのカルテ』で12年ぶり日テレドラマ出演 椎名桔平と“研修医”玉森裕太の指導医役に

1 :湛然 ★:[ここ壊れてます] .net
2022-08-30 05:00 ORICON NEWS
松雪泰子、『祈りのカルテ』で12年ぶり日テレドラマ出演 椎名桔平と“研修医”玉森裕太の指導医役に
https://www.oricon.co.jp/news/2247442/full/
10月放送開始の新土曜ドラマ「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」に出演する松雪泰子と椎名桔平(C)日本テレビ








 人気グループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太が主演を務め、10月スタートする日本テレビ系土曜ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』(毎週土曜 後10:00)のメインキャストとして、椎名桔平と松雪泰子が出演することが発表された。

 同作は、現役医師の作家・知念実希人氏のベストセラーを実写化。患者のすべての情報が書き込まれているといっても過言ではない診療録“カルテ”を題材に、研修医の良太(玉森)が「人の顔色を読む」という特技を生かし、ワケありの患者たちの謎に向き合っていく。

 椎名と松雪は、良太を見守る指導医を演じる。椎名は、男気あふれる外科医役で、『トップナイフ』(2020年)に続いて再び医師役に登板。松雪は、研修医を優しく見守る精神科医役で、『Mother』(2010年)以来12年ぶりの日テレドラマ出演となる。

 椎名が演じる冴木真也は、優秀な外科医で、良太の同期の研修医・冴木裕也(矢本悠馬)の父親でもある。海外ボランティアを経て医師を目指した経歴を持ち、誇りと情熱をもって仕事に向き合う。椎名は「『同期のサクラ』だったり『トップナイフ』だったり、ちょっとクセのある役をいただくことが多いんですが(笑)」と茶目っ気を交えつつ「研修医たちに対して指導医として、熱意をもって向き合うきちんとした大人ですね」と今回の役を説明する。

 対して松雪の演じる立石聡美は、表情や会話から患者の心の問題を読み解いていく優秀な精神科医。占い好きで風変わりな一面もありつつ、ユーモアと愛嬌をもって研修医たちを導いていく。松雪は「患者さんとの心の交流、研修医のみなさんの成長、そしてサスペンスといった、たくさんの層がある物語として、面白くご覧になっていただけるかと思います」とアピールする。

 2人のキャラクターは医大時代からの同期でもあり、くだけた掛け合いも見られそうだという。

■椎名桔平 コメント
『同期のサクラ』だったり、『トップナイフ』だったり、ちょっとクセのある役をいただくことが多いんですが(笑)、今回演じる冴木真也という役は外科医としての自分の仕事に誇りとプライドを持っています。大学講師も兼務していて、研修医たちに対して指導医として熱意をもって向き合うきちんとした大人ですね。指導医と研修医という関係でもある実の息子の裕也との関係も物語の中でどう変わっていくのか?今からクランクインが楽しみです。

■松雪泰子 コメント
病院の中でさまざまな科の指導医から研修医のみなさんが学んでいく過程が大変興味深く、普通の医療ドラマと違ってお医者さん達の人間的な部分が描かれています。患者さんとの心の交流、研修医のみなさんの成長、そしてサスペンスといった、たくさんの層がある物語として、面白くご覧になっていただけるかと思います。ぜひ第1話から、ご覧いただけると幸いです。

(おわり)



続きを読む
posted by tv at 11:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする