最近の記事

2022年12月29日

夜「ラヴィット!」矢田亜希子にお尻電流ビリビリ罰ゲーム 床に倒れる ネット衝撃「ラヴィット凄いなw」

1 :Ailuropoda melanoleuca ★:2022/12/29(木) 13:16:34.44 ID:Ju9Bca8y9.net
12/29(木) 11:32配信 デイリースポーツ

 麒麟・川島明が司会を務めるTBSの朝番組「ラヴィット!」の、夜のゴールデン帯生特番「ゴールデンラヴィット!」が28日夜に放送された。

 名場面ランキングを発表しながら、賑やかな企画が展開され「全国1位を目指せ 6秒カラオケ選手権」では、12月23日の番組で佐野晶哉が82・275点で全国1位を達成したばかりの6秒曲「ザ・テレビジョン」の採点カラオケを、各曜日レギュラー対抗で競った。

 曜日ごとに代表者が歌い、ほかの出演者が一列に椅子に座って応援したが、田村真子アナウンサーが、全国1位を更新できなければ「みなさんの応援が足りなかったということで、チーム全員の椅子に電流が流れます」とさらり通告した。

 川島も淡々と「連帯責任でピリッときます」と言って、問答無用でスタート。各曜日とも次々に撃沈し、相当の電流が流れたらしく、一斉に椅子から声を上げて飛び上がって、床に倒れ込んだ。芸人だけでなく水曜レギュラーの女優・矢田亜希子も電撃を食らって、椅子から落ち、川島が「矢田さん、電流がきてしまいました」と実況した。

 ネット上では「矢田亜希子に電流流すなよw」「絶対電流罰ゲーム初めてそうな人まで餌食にw」「矢田亜希子にも電流流すラヴィットは鬼やな」「矢田亜希子が電流ビリビリ食らう令和、過去に想像出来なかった」「矢田亜希子さんが芸人さんと一緒にビリビリ受けてる世界線すげえな」との反応が相次いでいた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/49d5d447bf88df296b0225652e4fbee6d31eb440



続きを読む
posted by tv at 23:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう中学生トレンド入り「ラヴィット」でアイドル説教「冗談でも言うもんじゃない」に「今年一笑った」の声

1 :湛然 ★:2022/12/29(木) 05:41:44.00 ID:6+9PmFWa9.net
2022.12.28 デイリースポーツ
もう中学生トレンド入り「ラヴィット」でアイドル説教「冗談でも言うもんじゃない」に「今年一笑った」の声
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/12/28/0015927390.shtml
 もう中学生




 TBS朝の情報番組「ラヴィット」の特別番組「ゴールデンラヴィット!」が28日、放送され、タレント・もう中学生が話題を集め、ツイッターのトレンドワード入りした。

 今年1年の番組の印象的なシーンをランキング化した「もっとも忘れられないラヴィット」で第7位に入ったのが、11月21日に放送された、もう中が参加したロケ。トータルテンボス、アンジュルムの竹内朱莉らと那須ハイランドパークの絶叫アトラクションに挑戦した。

 竹内らが大はしゃぎだったが、もう中は顔面蒼白。アトラクションから降りて、竹内が「超楽しかった。最高すぎた。もう1周行きたかった」と無邪気に話すと、隣のもう中は小さな声で「冗談でもそういうこと言うもんじゃない」と諭すように話しかけた。

 いつもは笑顔で甲高い声でほのぼのとしたネタを繰り出すもう中がシリアスに「冗談でもそんなこと言うもんじゃない」と繰り返す。竹内も「ガチの目ををしてる」とビックリ。それでも「冗談でもそういうこと言うと、もう1周する可能性もあるから。もう1周ってなったら大変なことになっちゃうよ」と説教した。竹内はあまりの迫力に「すいません」と謝った。

 この様子をスタジオで見ていた麒麟・川島明は、普段とは切り替わったもう中の様子に大笑い。「もう中、日曜劇場決まった。渋い演技できるんですね。あんなかわいらしいアイドルに…」と吹き出した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



続きを読む
posted by tv at 17:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さや香・新山「M-1取り返そう」と馬券購入、300円が740万円に

1 :湛然 ★:2022/12/29(木) 05:32:05.75 ID:6+9PmFWa9.net
2022年12月29日 4時23分 ナリナリドットコム
さや香・新山「M-1取り返そう」と馬券購入、300円が740万円に
https://www.narinari.com/Nd/20221276689.html




お笑いコンビ・さや香の新山(31歳)が、12月28日に放送されたバラエティ番組「八方・今田のよしもと楽屋ニュース2022」(朝日放送)に出演。同日行われた競馬のG1・ホープフルステークスで、300円の馬券が740万円になったと告白した。

この日、司会の今田耕司(56歳)から、先日惜しくも準優勝だった「M-1グランプリ2022」の反響について聞かれた新山は「(優勝に)ちょっと手が届きかけたんですけど、悔しいんで、ギリギリ競ったのが。きょう競馬で一発、M-1取り返そうと思って。きょうのG1、5万円(※全部の馬券購入額)バーンって入れたんですよ…740万円になりました」と衝撃の告白。

「ええええええ!?」「マジで!?!?」と、どよめくスタジオの中、新山は「(個人の賞金で)ウエストランドさんに勝ちました!」と高らかに“勝利宣言”。今田も「ホンマや。個人の賞金(500万円)超えたやん、M-1の。楽屋ニュース大賞の食事券10万円、どんな気分よ…」と動揺する。  

新山は「ホンマにビックリしました、僕も。今年最後のG1やったんですよ。きょう。で、ちょっと冒険しようと思って穴から行って、3連単がたまたま大穴が来て。100円が240万円になるやつやったんですよ。240万になるやつが来て、それ僕300円買ってたんですよ。5万円でいろんな買い方して」と説明した。

そんな相方の大当たりに、石井(34歳)は「僕はどう思ったらいいんですか。楽屋でなんか“ノーマネー石井”とか言われて。なんもしてないのに、悲しいです」とコメント。今田から「M-1も惜しかったやんか。それ終わってからなんかしたん?」と聞かれると、石井は半分キレ気味に「なんも…別にそれで取り返そうなんてないですよ」と答え、今田は「なんでお前、お母さんに反抗するみたいに言うねん。俺はお前のお母さんちゃうぞ!めっちゃ遊んでる後輩やったら分かるけど、そんな知らんやつに」とツッコミ、スタジオは笑いに包まれた。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



続きを読む
posted by tv at 14:20 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする