最近の記事

2022年08月17日

10月スタート TBS日曜劇場『アトムの童』 主演・山?賢人、共演に松下洸平、岸井ゆきのが決定! 脚本は『相棒』の神森万里江

1 :jinjin ★:2022/08/07(日) 07:19:25.45 ID:CAP_USER9.net
山?賢人主演の10月期日曜劇場『アトムの童(こ)』(TBS系 毎週日曜 午後9時〜9時54分)に、松下洸平、岸井ゆきのが出演が決定した。


本作は、『相棒』『相棒 season18 テレビ朝日開局60周年記念 元日スペシャル』『この恋あたためますか』を手掛けた脚本家・神森万里江による完全オリジナルストーリー。

ゲーム業界を舞台に、山?賢人演じる若き天才ゲーム開発者・安積那由他が大資本の企業に立ち向かう姿と、周囲の人たちとの関わりによって成長していく姿を描く。


このたび、山?演じる那由他に多大な影響を与える人物役で松下洸平と岸井ゆきのの出演が決定。
松下は那由他の過去を知る菅生隼人、岸井は老舗玩具メーカー「アトム」の一人娘である富永海を演じる。


松下は、昨年放送の金曜ドラマ『最愛』でヒロインを一途に思う刑事を好演し、大きな話題を呼んだ。
日曜劇場への出演は今回が初めてとなる。本作で演じる菅生隼人は、天才ゲーム開発者である那由他の過去を知る重要人物となる。

岸井は、話題作への出演が続き、日曜劇場には『99.9−刑事専門弁護士−』シリーズや『天国と地獄〜サイコな2人〜』に出演している。
本作で演じる富永海の実家は、カプセルトイを企画・製造する老舗玩具メーカー「アトム」。
海は、いつまでも夢を追い続ける父親に反発して家業を嫌っていたが、海外との価格競争などの影響で「アトム」は廃業の危機に。
経営再建のために会社を継ぐことを決心した海は、一発逆転のために「ゲーム制作」参入という賭けに出る。そして、資金もノウハウも持たない「アトム」は、“ゲーム業界のバンクシー”と称されていた那由他とコンタクトを取ろうとする。


大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる天才ゲーム開発者の那由他が中心となり、隼人と海を巻き込んで巨大資本の企業を相手にした挑戦が始まる。
「ものづくり」への情熱は、競争の激しいゲーム業界で新たな伝説を生むことができるのか。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5a83d09707218ba509c8431f205164448457c98b





続きを読む
posted by tv at 11:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月16日

夏の連ドラ『オールドルーキー』以外すべて10%以下の超危険水域…SNSでも「つまらない」と酷評の嵐

1 :ゴアマガラ ★ :2022/08/06(土) 19:43:40.97 ID:CAP_USER9.net
8月4日、前日に放送された橋本愛主演のドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)第3話の平均視聴率が5.4%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。
第1話7.5%、第2話7.0%から一気の失速ぶりが話題となっている。

「2011年に放送され、最終回が40%の最高視聴率を記録した『家政婦のミタ』と同じ日テレの『水10』枠。プロデューサーも同じなら、脚本も同じ遊川和彦氏ということで注目を集めましたが、フタを開ければ大苦戦。

遊川脚本は設定が極端で、ハマれば『家政婦のミタ』や『女王の教室』のように社会現象になるほど大ヒットします。しかし、これは両刃の剣で、ウケないときは徹底的にウケません。今回はそのパターンのようです」(芸能ライター)

 だが、ウケないのは『トラコ』だけではない。現在放送中の夏ドラマ(7~9月期)が揃いも揃って “爆死” 状態なのだ。
プライムタイム(19~23時)で放送中のドラマで、最新回の視聴率が10%を超えているのは、『オールドルーキー』(TBS系)のみとなっている。

 だが、その『オールドルーキー』とて “危険水域” にある。第1話の11.2%から徐々に数字を落とし、第4話では10.0%。7月31日放送の第5話では10.6%とやや持ち直したものの、いつ10%を割り込んでもおかしくない状況だ。

「『半沢直樹』など、いまTBSがもっとも力を入れている『日曜劇場』で、ひとケタ視聴率はマズいでしょう。ガーシー氏による、主演の綾野剛への執拗なネット攻撃の影響があったかどうかはわかりませんが……」(同)

フジ月9『競争の番人』は、第1話が11.8%だったが、第2話以降はひとケタ台。ほかに10%以上を記録したのは、『刑事7人 season8』(テレビ朝日系)のみ。
こちらは第1話と第2話が10%を超えており、高年層にターゲットを絞ったテレ朝ならではの強みが出た格好だ。とはいえ、最新話は8.6%まで落ちている。

 SNSでは、
《春は豊作だけど夏はイマイチかなー》
《今期プライムタイムのドラマ全滅 碌なのがひとつもない》
《競争の番人2回目見るか悩むな? 面白くない ってかほんと最近のドラマつまらん》
といった声も多い。

「低調な夏ドラマのなかで、今後の注目は『六本木クラス』(テレビ朝日系)でしょう。初回は9.6%とわずかに大台に届かず、一時は7.0%まで数字を下げましたが、
8月4日放送の第5話では9.1%まで戻し、V字回復しています。韓国ドラマのリメイクですが、さすが大ヒットしたドラマだけに、展開にグイグイ引き寄せられる力があります」(同)
 やはり、頼るのは “二番煎じ” なのか…。
https://news.yahoo.co.jp/articles/84150cc252f0d2d81b6ca383bae99af651c25b13



続きを読む
posted by tv at 23:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

玉森裕太、日テレGP帯ドラマ初主演!「祈りのカルテ」で研修医に

1 :湛然 ★:2022/08/04(木) 05:34:06.67 ID:CAP_USER9.net
玉森裕太、日テレGP帯ドラマ初主演!「祈りのカルテ」で研修医に
2022年8月4日 4時00分
https://www.cinematoday.jp/news/N0131627
玉森裕太、研修医姿もイケメン - (C) 日本テレビ




 玉森裕太(Kis-My-Ft2)が、10月期新土曜ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」で、日本テレビのGP帯ドラマ初主演を務めることが決定した。放送中の「NICE FLIGHT!」(テレビ朝日系)に続き、2クール連続でドラマ主演を務める玉森は、本作で研修医・諏訪野良太を演じる。

 現役の医師でもある作家・知念実希人による小説「祈りのカルテ」シリーズが原作の本作は、人の気持ちに寄り添いすぎちゃう、おせっかいだけど憎めない研修医・諏訪野(玉森)が主人公。研修先のさまざまな科で「人の顔色を読む」という特技と、患者のすべての情報が書き込まれているといっても過言ではない診療録“カルテ”を読み解くことによってそれぞれに問題を抱えたワケありの患者たちと真摯に向き合い、彼らの抱えた秘密を見破るハートウォーミング・ミステリー。藤森真実プロデューサー(日本テレビ)、脚本家・根本ノンジの「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」コンビが描く。

 主演の玉森は、「僕の演じる諏訪野は研修医なので医者としての技術も知識もまだまだですが、患者さんのわずかな変化に気づくことが得意なんです。とにかく患者さんのために一生懸命で、お節介だけど憎めない、こんなお医者さんに出会いたいと思えるキャラクターです」とコメントを寄せ、作品の見どころについて「登場する患者さんはみんな心に秘密を隠していて、諏訪野はそれを解き明かすために、カルテを見て、見て、見て、見まくります。ぜひオンエアを観ながら、諏訪野と一緒に患者さんに寄り添って、彼らの秘密を見破ってみてください」と紹介する。

 原作者の知念は、ドラマ化決定にあたり「玉森裕太さんを始めとする素晴らしい俳優の皆様、そしてスタッフの皆様、それぞれの表現者としての能力がきっと美しい化学反応を起こし、魅力的なドラマが紡がれることでしょう。期待しております。この物語がドラマとしてどのように昇華されるのか、一人の視聴者として今から楽しみです」と期待を寄せる。

 時にライバルとして、時に信頼できる味方として研鑽を積む同期の研修医たちキャストは、後日発表となる。さらに、毎回変わる研修先で諏訪野を待ち受ける、“クセ強”な指導医たちは豪華ゲスト陣が演じるという。

(編集部・梅山富美子)

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



続きを読む
posted by tv at 08:20 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする